読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なゆめも

途切れない気持ちが私の道しるべ。

アイマス台湾おつかれさまでした!

f:id:nayuneko:20170427222558j:plain

以前ブログに書きました通り、4/22(土)~4/23(日)に台湾の台北國際會議中心で行われました、アイドルマスター初の海外単独公演である「THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS First Time in TAIWAN」に両日とも現地参加してきました。

※写真は台北國際會議中心の隣にある台北101

nayuneko.hatenablog.jp

 

開催一週間前に公式JTBツアーでひと悶着あったり、発売済みの一部座席が機材拡張に伴う影響で強制移動させられたり、ライブ前日に伊藤美来ちゃんがインフルの為に急遽欠席になってしまったりと、色々とありましたがまずは無事に終わってよかった。

今後、このような海外公演が再びあることを期待しつつ、次もし現地参加する人の参考になればと思い、今回の台湾公演の感想を交え、あしあとを残しておきます。

 

すんごいやんばい神セトリ

当初、今回のライブはミリオン楽曲メインになると思っていたのですが、物販でコロムビアのCDも売ることからコロムビア曲、ランティス曲どちらをメインで歌うんだろう?と、ここまでセトリの予想がつかないライブも久々でしたね。

www.famitsu.com

 

 アニメ鉄板曲である「READY!!」に始まり、まさかの「The world is all one !!」で〆。今回のテーマに従えば、WAOを大トリに持ってきたのは素晴らしいの一言に尽きる。

 LTDリリイベ以来(自分は行けてないですが)のオリジナルメンバーでの「深層マーメイド」とリリイベですら実現しなかったオリメンでの「Persona Voice」は最高でした!!!3月に武道館で聴いたばかりの「ジャングル☆パーティー」もオリメンで歌唱することによりさらにパワーアップしていたし、2日目には武道館で完全ハブにされていた「Welcome!!」さんが1年ぶりに帰ってきた!久々すぎてアレなんの曲だっけ?でも身体は勝手に動く!!状態になってました。みんな待ち望んでいたのか、2日目一番の盛り上がりじゃない?ってぐらい会場全体がすんごい歓声でしたね。海外でこの盛り上がりを見せてくれるとはさすがWelcome!!さんです!日本でももっと歌ってくれ!!

 これまた久しぶりに聞いた「GO MY WAY!!」はミリオンメンバーも交えて、特にもちょごまえーの振り付けしてるのがすごく可愛くて(ごまえーにおいて梨花やよいポジだと勝手に思っているw)ずっと見ていたかった…。ちなみに4/26に放送されたアイステによるとGO MY WAY!!はゆい㌧もちょみっくで歌唱予定だったみたいですね。代理で入って振り付け完璧な中村先生はさすがやでえ…

 日本で開催される時のような斜め上を行くセットリストは組まれず、去年のリスアニ台湾のように無難なそして盛り上がる鉄板曲で構成されるだろうなと予想していましたが、いい意味で期待を裏切られた結果になりました。ぴょんさんがミリラジで言っていた「すんごいやばい神セトリ」という言葉通り、すんごいやんばい神セトリでしたね。

 キャストの皆さんも海外公演のせいか、いつもよりはしゃいでるように感じました。特にすーじーさんがあんなにはしゃいでるところを見たことなかったので、新たな一面を見られてよかった。もちょもちょ。2日目アンコールの歌マスではらみーに抱き着かれ3秒ほどフリーズした後、終始照れもちょになっていたのがすごいよかった。可愛すぎた!!!

 現場の雰囲気は非常に練度が高く各国の精鋭が集まってるなって印象でした。国内だと何かと荒れるミリオンメンバーがいる現場としてはかなり平和だったと思います。まちこ16連はありましたが(笑)ここまで来るか―!と逆に爆笑してしまいました。日本だと高まったらなんでもUO折るマンが1人や2人いるもんですが、「蒼い鳥」で会場が真っ青に染まったのには感動しましたね(実際3rdの時の蒼い鳥ですらUOマンはいた)。

 そしてシンデレラ全盛期の中、海外でもこんなに765ASとミリオンライブで盛り上がることに765&ミリPとしては感慨深かったです。

海外公演の壁は大きかった

日本だと全然取れないアイマスライブのチケットですが、3,000程度の箱でもさすがに海外公演だと敷居が高いようで、満員御礼とまではいきませんでした(それでも7~8割程度は埋まっていますけどネ)。

国内遠征とほぼ変わらない遠征費用で、CDを積まずに自分で好きな席を自由に選べる日本じゃ考えられないほどの優遇っぷりなのに…!

まぁ海外は普通に考えて敷居高いですよね。自分もリスアニ台湾に行くまではそう思っていました。台湾は距離的には石垣島(沖縄)のちょっと先で本当に日本人に優しい国なので次があるならぜひご検討していただきたい次第。

本当に置いてかれるLCC

f:id:nayuneko:20170428004226j:plain

実は行きの台北便で、同行するPが電車の乗り換えを間違えてしまい、バニラエアのチェックイン時間に10分程度間に合いませんでした。国際線はWebチェックインが出来ず、さらにチェックイン時にパスポートが必要になるため、当人がいないとどうしよも出来ません。自分は早めに空港に着いていたので、どうにかならないかグランドスタッフに相談を持ち掛けてみましたが「どうにもなりません。次の便を新たに購入してください」と即答されてしまいました(チェックイン開始時間時点で別便の変更不可、最安料金のシンプルバニラなのでキャンセルも不可)。自分の力ではどうにもならず、チェックイン締め切り直前の呼び出し案内放送を聞き流すことしかできず、無残にもチェックイン締め切り時刻は過ぎてしまいました。LCCは定時運行を死守できないとダイレクトに損害に繋がるので仕方がないです。

ちなみに4時間後のタイガーエアの便が当日券で2万円で購入できたようで、後ほど無事合流はできました。

サイリウムは手荷物で問題なし

国際線へのサイリウム(所謂折って使うタイプのケミカルライト)の持ち込みについて、Twitterでは色々と言われていますが、結論から申しますと機内持ち込みでも問題なく渡航できました。

kukoshakaku.com

 

自分は25本入りの大閃光オレンジを未開封のもの1セット、開封済みのものを10本程度、計35本程度持って行ったのですが、特に保安検査場で止められることもなく通過できました。さすがにあまり多すぎると何か言われる可能性はありますが(そもそも国際線では液体の機内持ち込みが制限されているので)、その場合は受託手荷物にすれば大丈夫だと思われます。(実際に今回の公演でUOを100本以上持ってきた兵も)

www.lumica.co.jp

製造販売元のルミカさんのWebサイトでも安全シートがダウンロードできるようです。ただサイトには、『「ルミカライト大閃光arc」は航空機へ搭載可能な基準を満たしていますが、その判断は航空会社によって異なります。』とあるので、結局は現場の判断に委ねられるということになりそうです。

ルミカライト 大閃光アーク 25本入り オレンジ

ルミカライト 大閃光アーク 25本入り オレンジ

 

遠征費用はいかほど?

今回の遠征にかかった費用を計算してみました。

飛行機(LCC)・チケットは全て自力で確保で3泊4日 (金曜発、月曜帰国)

遠征にかかった費用

航空券: 25,360円 (バニラエア)

 20,510円(運賃+手数料諸々)+2,400円(リラックスシート)+2,450円(海外旅行保険)

宿代: 約10,000円 (3泊・3人部屋中流ぐらいのホテル)

滞在費: 約17,000円 (5,000TWD程度) ※2017年4月、レート3.47で計算

 8割はメシ代です(笑)しかもかなり食べた。正直結構使いすぎた感あるので、そこまで使わない人なら半額ぐらいに抑えられると思います。

計: 約52,360円

飛行機や宿で贅沢しなければもう少し抑えられますね。

チケット代・物販代

チケット代(2日間S席): 約28,000円 (7,400TWD) ※2016年12月、レート3.762で計算

物販代: 約10,000円 (3,000TWD) ※2017年4月、レート3.47で計算

計: 約38,000円

海外公演はチケ代がちょっと高いですねー。

 

合計:  約90,360円

チケットと飛行機は昨年の12月、宿代や滞在費は当日支払ったのであまり使っていない感はあったけど、それなりに使っているなー。それでも4th武道館のために積んだCDとそんなに変わらないのがアレ(しろめ)

JTB公式ツアーと比較して

リスアニ台湾の時同様、JTBで公式ツアーが用意されていました。

THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS First Time in TAIWAN

3泊4日で東京発S席2日間で135,000円という結構いいお値段ですが、

・飛行機はフルサービスキャリア

・ホテルはそれなりの階級のところ

・現地では係員が同行

・現地での移動はすべて観光バス

・専用の旅のしおり

・バスでは社長と小鳥さんのツアー限定メッセージが流れる

・ツアー参加者限定懇親会ではガミPトークショー&プレゼント抽選会

・オリジナルグッズとお土産がもらえた

とそれなりに別のところでお金が掛かっていたという印象です。

Pなら嬉しい特典がこれだけ盛りだくさんなら選択肢の一つとしては全然ありですね。特に海外初めての人にとって案内してくれる人がいるというのはデカい。

 

togetter.com

写真いろいろ

たべたもの

f:id:nayuneko:20170427232244j:plain

火鍋!

f:id:nayuneko:20170427232323j:plain

士林夜市でカキ氷(チョコ味なんて面白味のないものを頼んでしまった…)

f:id:nayuneko:20170427232258j:plain

小籠包!

f:id:nayuneko:20170427232305j:plain

排骨チャーハン!

f:id:nayuneko:20170427232336j:plain

蚵仔煎(牡蠣のオムレツ)めがっさうまい

f:id:nayuneko:20170427232346j:plain

前回寧夏の夜市で見つけた下水湯。んまーい!!!

f:id:nayuneko:20170427235021j:plain

臭豆腐!においはアレだけど味はいたって普通。

f:id:nayuneko:20170427235046j:plain

豆花。孤独のグルメでゴローちゃんが入った店にて。

f:id:nayuneko:20170427232356j:plain

えびりんぐ!!!(エビの焼売)

f:id:nayuneko:20170427235242j:plain

ころあずがミリラジでも言ってた50嵐(ウースーラン/notいがらし)

ここのタピオカミルクティーは絶品なのでマジオススメ!

台湾アニメイトすごい!

f:id:nayuneko:20170427232121j:plain

f:id:nayuneko:20170427232132j:plain

f:id:nayuneko:20170427232143j:plain

f:id:nayuneko:20170427233025j:plain

f:id:nayuneko:20170427232152j:plain

f:id:nayuneko:20170427232200j:plain

しっかりと名刺は残してきました!

台北101

f:id:nayuneko:20170427233624j:plain

f:id:nayuneko:20170427233636j:plain

f:id:nayuneko:20170427233643j:plain

今回の会場である台北國際會議中心を台北101の展望台から

会場の様子

f:id:nayuneko:20170427235146j:plain

初日は小雨。物販は2時間程度並んだぐらいで買えましたー。

自分たちが並んだ直後にツアーのバスが来たのでちょうどよかったかも。

f:id:nayuneko:20170427235354j:plain

f:id:nayuneko:20170427235424j:plain

恐らくLV送信用のアンテナ。こんなんで配信してるのか…w

フラスタもたくさん!

f:id:nayuneko:20170427232933j:plain

f:id:nayuneko:20170427232944j:plain

f:id:nayuneko:20170427232955j:plain

f:id:nayuneko:20170427233006j:plain

 

f:id:nayuneko:20170427232710j:plain

国際オフ会(2日目)の様子。すごい楽しかった!

 

f:id:nayuneko:20170427232437j:plain

f:id:nayuneko:20170427232422j:plain

アイマス台湾ライブ参加するためのLCC利用ついて考える

f:id:nayuneko:20170117212422j:plain

前回の記事が好評だったようなので(?)格安航空会社(LCC)の利用について掘り下げて書いてみます。

nayuneko.hatenablog.jp

 

LCCのメリット・デメリットについては前回の記事で触れましたのでそちらを参照してください。今回の記事は、LCCのメリット・デメリットを理解した上で、主に関東圏からLCCを利用するための指南を書いています。なお、自分が利用したことのあるバニラエア以外は憶測の情報があるということをはじめに断っておきます。

 

台北便を運航している格安航空会社

おもに東京発着便の説明になってしまいますが・・・

各航空会社の説明は独断と偏見による個人の意見です。

日本の格安航空会社

バニラエア (成田・関西発着)

www.vanilla-air.com

ANA系の格安航空会社。前身のエアアジア時代から利用してますが、サービスは悪くないと思います。成田発着便は1日4往復と便数も多いので選択肢が多くオススメ。なお、ANAマイレージによる特典航空券はあるがマイルはつかない。青会員のワイ涙目。

ピーチ・アビエーション (関西・羽田発着)

www.flypeach.com

ANA系の格安航空会社。バニラと違い関西がメインの拠点ですが、羽田発着便を1日1往復運航している。ただし、発着が深夜帯となっているので利用のハードルは高め。

ジェットスター・ジャパン (成田・関西発着)

www.jetstar.com

ベースはオーストラリアのカンタス航空で、JALも出資している格安航空会社。就航当時はやたら運航率が低かったという印象だったけど最近はそうでもないみたい?成田は1日1往復、関西は1日2往復運航している。LCCでは珍しくJALマイレージが貯まる!

海外の格安航空会社

海外の航空会社は客室乗務員に日本語が通じないこともあるようです。選択する場合はそれなりの覚悟が必要。

スクート (成田発着)

Scoot

シンガポール航空系の格安航空会社。B787型機で運航しているため、LCCの割に席は広々で快適らしい。1日1往復のみ。帰りの台北発は朝6時の便しかないため使いづらい。スクートという名前にちなんで毎月10日にセールをやっている。

タイガーエア台湾 (成田・羽田・関西発着)

タイガーエア台湾

台湾の格安航空会社。特に羽田発着便はエクストリーム出社に最適な深夜着便なので刺激を楽しみ方には最適(オススメするとは言っていない)。

搭乗手続き

航空会社搭乗手続き可能時間
バニラ 出発時刻の2時間前~50分前まで
ピーチ 出発時刻の2時間前~50分前まで
ジェット 出発時刻の3時間前~45分前まで
スクート 出発時刻の3時間前~1時間前まで
タイガー 出発時刻の2時間30分前~45分前まで

※2017年1月現在、各公式サイトより抜粋

どの航空会社も大体1時間前に搭乗手続き(チェックイン)を締め切ってしまうので2時間前には空港で手続きができるようにしておきましょう。LCCは遅れると問答無用で置いていかれるので、何事も早め早めで行動するのが鉄則です。

f:id:nayuneko:20170117212801j:plain

成田空港でLCCを利用する場合、第3ターミナルを利用しますが、第2ターミナル駅から700m以上もあるので徒歩で20分ほどかかります。それも考慮して余裕を持ったスケジュールを組んでください。ちなみにターミナル間バスもあるのですがバスで行くと遠回りになってしまうので時間的には徒歩が一番早いようです・・・

ただし、スクートとタイガーは第2ターミナル出発が基本です。

バニラエアの場合、成田空港は自動チェックイン機があるので1時間前でもわりと余裕ですが、桃園空港ではカウンターチェックインしかないので、並ぶ時間も考えると2時間前には空港についておいた方がよいでしょう。

桃園空港から台北までの移動手段

桃園空港から台北までは以下の移動手段が考えられます。着陸してからイミグレ(入国手続き)がスムーズにいけばだいたい2時間ぐらいで辿りつけると思います。

台北までたどり着けばそこから会場へは地下鉄(MRT)があるので困ることはないかと。

バス

おそらく多くの人が選択する移動手段ですね。自分は使ったことないですが…

所要時間は1時間程度、運賃は125元(約500円)です。

www.taipeinavi.com

バス+新幹線

f:id:nayuneko:20170117215845j:plain

乗り換えがあるので若干面倒ですが、到着時間が読めるというのが一番大きいですね!桃園空港~高鐵桃園駅まではバスで10分ほどです。

新幹線と言っても桃園~台北は500円ほどで乗車できるので気軽に乗れちゃいます。

MRT

<空港線>1月末までにプレ開業の可能性 2週間限定で運賃無料/台湾 | 注目記事 | 中央社フォーカス台湾

開通していたら一番楽な交通手段となることでしょう。(開通してるのか…?)

どの便を選べばいいの?

ライブ参加日基準で前泊後泊推奨ですが、どうしてもどちらかしか取れない場合は後泊を取った方がよいです。

どちらか片方だけ参加する場合

土日が休みの場合、土曜のみライブに参加して、出来れば金曜日は前泊、日曜日は帰国日とするのがいいでしょう。(当日入りならば休みを取らずに行ける)

両日参加する場合

せっかく海外に行くのですから圧倒的にこちらを選択する人が多いと思います。

両日参加する場合、関東から使えそうな便を以下に列挙していますのでご参考までに。

※価格は2017年1月17日現在。いずれも最安運賃で各種手数料含まず。料金は空席変動制なので席が埋まると高くなります。

行き

前泊する場合 (4/21[金]東京発)

当日現地入りは忙しないので金曜日に休みを取って前泊することをオススメします。また、昼到着便なら台北市内や九份への観光も可能です。

航空会社出発地便名出発時刻(JST)到着時刻(CTS)最安値(参考値)
タイガー 羽田 IT217 5:30 8:10 9,870
ピーチ 羽田 MM859 5:55 8:25 7,280
バニラ 成田 JW101 9:20 12:15 7,780
スクート 成田 TZ201 11:15 14:30 9,410
バニラ 成田 JW103 12:55 15:50 9,280
タイガー 成田 IT201 13:30 16:15 9,810
バニラ 成田 JW105 17:50 20:45 10,380
タイガー 成田 IT203 19:40 22:25 13,710
ジェット 成田 GK11 21:40 翌0:15 9,400
バニラ 成田 JW107 22:00 翌0:55 9,280

羽田空港への早朝の到着が割とネックです。自力で行けない場合は近辺の宿で一晩過ごすか、国際線ターミナルで夜を明かします。

当日入りする場合 (4/22[土]東京発)

ライブは17時開演なのでそれに間に合いそうな便を探します。

15時に台北に着けばホテルにチェックインしてひと休憩ぐらいはできるでしょう。

台北 (15:00) ← 桃園空港 (13:30) ← イミグレ等々 (1h) ← 着 (12:30)

航空会社出発地便名出発時刻(JST)到着時刻(CTS)最安値(参考値)備考
タイガー 羽田 IT217 5:30 8:10 9,870  
ピーチ 羽田 MM859 5:55 8:25 7,280
バニラ 成田 JW101 9:20 12:15 7,780
タイガー 成田 IT201 11:35 14:20 9,810 会場に直接向かえば…
スクート 成田 TZ201 11:55 14:30 10,410

帰り

ライブ終了後即帰国 (4/23[日]台北発)

どうしても月曜日休めず後泊出来ない場合はこちらになります。

エクストリーム出社になりますので、かなりオススメできません

ja-jp.facebook.com

 

ランティス台湾のページにライブは20時には終わるとあるので、そこから桃園空港への移動をして間に合いそうな便を探してみます。

終演 (20:00) → 地下鉄で台北駅へ移動 (20:30) → バスで桃園空港へ (22:00)

航空会社到着地便名出発時刻(CST)到着時刻(JST)最安値(参考値)
タイガー 羽田 IT216 24:20 翌4:25 8,987
ジェット 成田 GK12 25:40 翌6:10 7,500
バニラ 成田 JW100 25:45 翌6:05 10,380

日本についたら始発は動いてるはずですので、あとは出社するだけ!

副業頑張ってください!!

後泊する場合 (4/24[月]台北発)

早朝便ですが、桃園空港へのバスは24時間動いているようなので移動は問題ないと思われます。桃園空港で一晩過ごすという手もありますが…

航空会社到着地便名出発時刻(CST)到着時刻(JST)最安値(参考値)
タイガー 成田 IT200 6:35 10:45 9,987
スクート 成田 TZ202 6:40 10:45 8,634
バニラ 成田 JW102 7:20 11:40 10,380
バニラ 成田 JW104 13:05 17:30 9,280
タイガー 成田 IT202 14:35 18:50 8,987
バニラ 成田 JW108 16:40 21:00 9,280
ピーチ 成田 MM858 20:40 翌0:55 7,280

手荷物について

機内持ち込みできる荷物も航空会社によって規定がまちまちなので事前に調べておく必要があります。もし機内持ち込みだけで足りないようならば、追加料金を支払って受託手荷物にする必要があります。なお、受託手荷物にした場合、受け取る時間も追加して考慮せねばなりません。

航空会社個数制限サイズ制限重量制限
バニラ 手荷物+身の回り品、計2個まで 56x36x23cm 10kg以内
ピーチ 手荷物+身の回り品、計2個まで 55x40x25cm 10kg以内
ジェット 手荷物+身の回り品、計2個まで 56x36x23cm 7kg以内
スクート 手荷物+身の回り品、計2個まで 54x38x23cm 10kg以内
タイガー 手荷物+身の回り品、計2個まで 54x38x23cm 10kg以内

※2017年1月現在、各公式サイトより抜粋

身の回り品って何なの?PCバッグってあるけどカメラバッグは…?って感じですが、椅子の下に収納できる程度のサイズなら問題ないと思われます。自分は手荷物リュック+カメラバッグを機内持ち込みしましたが特に問題ありませんでした。身の回り品はプロデューサーマルチビジネスバッグ程度のサイズなら問題ないです。ただし、航空機の収納スペースは有限ですのでなるべくコンパクトに収めることに越したことはありません。

重要なのは個数と重量です。過去には手荷物+身の回り品+お土産袋の3個でNGとなったこともあるようなので注意が必要です。

実際どんぐらいのバッグまでOKなん?

f:id:nayuneko:20170117235705j:plain

ミリPにはお馴染み?ミリオンライブ3rdライブの物販で販売されたリュックトートですが、なんとこれがちょうどいいぐらいのサイズ感なんですよね。

f:id:nayuneko:20170117235726j:plain

サンライト×15(ミリオンは全員分持っていない。すまねえ…)、UO、ペンラプロ、予備のボタン電池、コンサートライトホルダ―、ライブTシャツx2、ライブタオル、3泊4日分の衣類(台北の4月の平均気温は22℃!)、タオル、充電器等、その他小物、十分詰め込めます。

そこそこ詰め込んで、ざっくり計測で45x35x25cm、重量は4kg程度でした。

サブのバッグをプロデューサーマルチビジネスバッグにして、財布やパスポート、モバブ類突っ込んでも十分収まりそうです。

もちろんほかに大きいものや重いものを持っていく場合はこの限りではありませんが、参考までに。

ケミカルライトは持ち込みOK!

自分はリスアニ!台湾の時にUOを持っていきましたが特に何も言われませんでした。結局折りませんでしたがw

kukoshakaku.com

ビビッドレッド・オペレーション スペシャルXmasオペレーション

この記事はビビッドレッド・オペレーション Advent Calendar 2016の25日目の記事です。

 

f:id:nayuneko:20161225145702j:plain

メリークリスマス!!!

 

さすがにここまでくるとネタ切れです。

もしコンテンツの人気が出ていたら今年も新規のクリスマス絵があったんじゃないかなあと思うと悔やまれますね。

 

来年は何か動きがあるといいなあ…(トオイメ