なゆめも

途切れない気持ちが私の道しるべ。

EOS R欲しい

cweb.canon.jp

 

ついにキヤノンからもフルサイズミラーレスが発表されましたね〜!

正直EOS Mの最初があまりにもアレで後継のAPS-Cミラーレスもコレジャナイ感があったので(EOS M2は持ってますけどね)全然期待していなかったのですが、発表された内容をみて唖然。久々にカメラでビビッときました!

 

というわけでちょうど触る機会があったので触ってきました!

f:id:nayuneko:20180917215353j:plain

 

結論

  • EOS 6Dからの買い替え(買い増し)候補として魅力がたくさん
  • RFレンズはまだ手を出せそうにないのでEFレンズ資産を活用したい!
  • ドロップインフィルターマウントアダプターが魅力的すぎる。これだけのために買ってもいいレベル。
  • 237,500円空から降ってきてくれ。

 

EOS 6Dの次の機種によさそう

自分が普段使っている機種がEOS 6Dです。6Dは2年前に購入し、その前はEOS 40Dを10年ほど使っており、それなりにEOSシステムの資産を持っています。 

nayuneko.hatenablog.jp

主に撮るものは風景画などの静体メイン、たまにポトレ。望遠よりも広角スキー。もちろん仕事ではなく趣味です。6Dにさほど大きな不満があるわけでもなく、6Dを買うときも3年は使い倒すつもりで買ったので、あと1年は(たぶん)買い換えるつもりはないですが、今後買い換えるとしたなら、正統の後継機種であるEOS 6D Mark IIよりEOS Rの方が魅力的に映る!

正直、EFマウントの資産がなく、無の状態からだったら長年のノウハウがあるソニー一強だと思っています。

 

良いと思った点

・ドロップインフィルターマウントアダプタ

cweb.canon.jp

これだけのために買いたい。

普段自分がメインで使っているレンズが、SIGMA 12-24mm F4 DG HSMなのですが、超広角の出目金レンズなので市販のフィルタが取り付けられません。

nayuneko.hatenablog.jp

そのため、風景画には欠かせないC-PLフィルタや、長時間露光のお供であるNDフィルタを取り付けるのはかなり困難です。(旧製品だと自作で強引に改造する手もあったみたいですが…)

しかも、1つ買えば全てのEFレンズで使える!今までだとレンズ口径毎にフィルタを買わないといけなかった、口径がでかいといいお値段するフィルタを全てのレンズに使えるメリットはかなりでかそう…!

・広すぎるAFエリア

6DのAFエリアってめちゃくちゃ狭いんですよね。というか真ん中に寄りすぎている。それは6D2になっても変わらず。これはAF範囲が広くなることによって画作りに幅が出るのでこれは使えそう。

・AF低輝度合焦限界が驚異の-6EV

ただし、これ罠があってf/1.2の場合らしいです。自分が持っているレンズで一番明るいレンズがEF24mm F1.4Lなので、f/1.4開放なら0.5EV落ちて-5.5EVになるのかなー?それでも十分すごいですが。f/2.8で-3.5EV、f/4だと-2.5EVになると思われるので、ライバル機種とさほど変わらない数字ですね。

ただ、今まで暗くてOVFだと見えなかったモノがレンズが明るければEVF越しに見えるようになる、合焦するようになるというのは心強いですね。

・バッテリーが使いまわせる!そしてUSB充電

採用されたバッテリーがEOS 6Dと同じLP-E6。旅行に持っていくのにいちいち機種毎に充電器用意するのって面倒ですよね?忘れたら最悪。バッテリーが切れたらただの邪魔な置物に早変わり。

さらにLP-E6NならUSB充電に対応(おそらくUSB-PD)しているので、むしろ充電器を持っていかなくていい!

・納得できる価格感

最近のキヤノンの新製品って目新しさがなく、その機能必要?ってモノを載せていて、でもそこは削るんだ、それでこのお値段はちょっと・・・というのが多い気がしてます(個人の感想です)。EOS Rは目新しさもさることながら、(個人的に)必要な機能は押さえており、さらにいい意味で期待を裏切るモノがあり、それで237,500円(税別)!

決して安いお値段ではありませんが、すごく高いというわけでもなく。直前にニコンのZ6/Z7の発表もあり、ソニーという先発のメーカーがあるにも関わらず、あまりの高さにかなり強気な設定だなあというのがあったこともあってか、いいとこ攻めてきたなあと思いました。

 

気になる点

EVF

覗いてみてビックリ。今のEVFってこんなにレスポンスいいんだーって印象。

普段はOVF使っているし、結構前のCP+で覗いたEVFが若干遅れて表示されるのがすごく気になっていたので、全然よかった。

何より良いのは、EVFに表示されたまま撮影される、そして撮影結果がそのままEVFで確認できるので、いちいちファインダーから目を離して液晶を確認せず、そのまま続行できるのはよさそう。液晶と違って余計な光入ってこないし。

・マウントアダプタ越しのAF速度

現時点で、RFマウントのレンズを買うつもりはありません!

まさか初期に発表されたレンズ、4本中3本がLレンズとは。しかもかなりガチめのラインナップ。キヤノンのRFマウントに対しての本気度が伺えます。ボディよりレンズが高いなんてむーりぃー・・・さすが本体が撒き餌ボディと言われているだけあります(笑)というわけで基本的にマウントアダプタ越しにEFレンズで運用することになります。 

ハンズオンコーナーで試してきたレンズは「EF24-105mm F4L IS II USM」と「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」の2本。EF24-105mm F4L IS II USMについてはマウントアダプタを介していることを感じないレベルで使える。全然実用範囲。EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは会場も暗かったせいか結構迷ってた。この辺は普段使わないので比較ができないけど、もう少し試してみたい。

サードパーティー製レンズは扱えるのか

これが一番気になる。発売後のレポや店頭で触れるようになってからかなー。

 

気になる人は気になるだろうなと思う点

・ボディ内手ぶれ補正がない!

あるに越したことはないと思うのですが、普段撮っているのが超広角〜広角、望遠は大抵レンズにISがついてるし、そこまで必要性を感じないんですよね。

・動画が1.8xクロップされる

そもそも自分は動画を撮らないので全然気にならないのですが、4K動画を撮る場合、約1.8倍クロップされてドットバイドットでしか撮影できないみたいです。

www.eoshd.com

 

最後に

EOS R欲しい!20万切ったら真面目に考えたい!(笑)

色々と書いたけど今は新しいボディよりSIGMAの70-200/2.8が来ることを願っています。

 

ミリシタで松田亜利沙のメインコミュを見てください

f:id:nayuneko:20180913001708p:plain

亜利沙は可愛いなあ!

 

本日9月12日、アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズに自分が担当している松田亜利沙のメインコミュが実装されました。

コミュで松田亜利沙のよいところがたくさん語られているので、見てない人はこんなクソ記事読んでないで今すぐ見てきてください!!!!!!

 

 

松田亜利沙といえばどういうイメージが思い浮かぶでしょうか?

担当P以外でよく見るのが「重度のアイドルオタク」「ハイテンション」「というかうるさい」「りえしょんまんまじゃん!」みたいな感じだと思います(当社調べ)

よくいえば個性的、バッサリ言うとネタキャラ的なポジションになっているかもしれません。

 

今回実装されたメインコミュではそのようなイメージとは裏腹に、彼女の魅力である「アイドルに憧れてアイドルになった」という王道の物語が展開されています。

 

※以下、多大なるネタバレを含みます。 

 

 

とにかくアイドルちゃんが大好き!

亜利沙は自他共に認める重度のアイドルちゃんオタクです。その行き過ぎた行動で時には引かれることも・・・。

コミュでは雪歩が「正統派アイドル」の研究対象として被害者…もとい付き合ってくれることに。好きなものを追っている亜利沙はすごく活き活きとしています。他のアイドルちゃんのことならいくらでも語れる勢いです。

 

自己評価が低い

f:id:nayuneko:20180913005852p:plain

しかし自分のこととなると途端にダメになります。

Pに「亜利沙のいいところは?」と聞かれて「特にない」と答えてしまうぐらい、自分に自信がない子です。アイドルちゃんになるぐらいなんだからどこかしら自信があってもいいと思うのですが、アイドルちゃんの研究に余念がなく、他のアイドルちゃんのことを知り尽くしている彼女だからこそ、自分が他の子に比べて特筆していいところがあると言い切れないものだと思われます。

そんな自信のない亜利沙に、律子、雪歩、環、そして杏奈が亜利沙のいいところをそれぞれ教えてくれます。尊い・・・・

 

各メンバーにいいところを教えてもらって、自分がアイドルちゃんであることを再認識する亜利沙。そうやって少しずつ自信をつけていく様子を見られて本当によかった・・・。

 

さらにコミュに登場してくるメンバーがよかった!

律子×亜利沙

亜利沙と律子といえばLTP09でも共演を果たし、同じデータを武器とするアイドルちゃんとして相性は抜群、亜利沙は律子のことを慕っており「律子さん大センパイ」と呼んでいる。

その律子から「分析力がすごい」と褒められて、褒められ慣れていない亜利沙はたじたじ。可愛い。

杏奈×亜利沙

これは完全に個人的な趣味ですが。

グリマスのマイユニが亜利沙、杏奈、星梨花のVoユニットだったので、亜利沙と杏奈の組み合わせはもともと好きでした。

グリマス時空では基本的に年上には「さん」付けの杏奈が、亜利沙に対してはなぜか呼び捨てで呼んでおり(ちなみにロコも呼び捨てにしていました)、亜利沙を面倒臭そうにあしらう、いわゆる塩対応というものでした。

最初のふれあいで亜利沙の周りに杏奈と環が出てるのを見た時は、単に俺得な組み合わせ・・・!と思っていたら思わぬ刺客でした。

 

ミリシタに実装されたコミュ開始時点では杏奈は亜利沙に「さん」付け。アイマスにありがちな別時空か〜ぐらいに始めたのですが、進めていくうちに・・・

f:id:nayuneko:20180913002802p:plain

最後の最後で亜利沙自ら杏奈に呼び捨てするようにお願いするんかーい!まさかこんなところで、杏奈が亜利沙を呼び捨てにする理由を回収できると思わなかった。

f:id:nayuneko:20180913002848p:plain

最初はさん付けだったことから一応亜利沙には年上として接しているという意識があるということ、杏奈が亜利沙のいいところを知ってくれていてそれに共感していてくれることがわかって、もともと好きなカップリングということもあり、ミリシタ運営ちゃんありがとうという気持ちでいっぱいになりました。

あんありはいいぞ。

 

最後に

コミュ実装直後はYahoo!リアルタイムの上位に「亜利沙」のワードが入っていたり、Twitterのトレンドに「アイドルch」(アイドルch@ng!だが、おそらくTwitterの仕様上切れている)が入っていたり、普段亜利沙のことをあまり語っていない人まで亜利沙に興味をもってもらえているようで、亜利沙Pとしてすごく嬉しくなりました。

限定亜利沙の衣装コミュが正直微妙だったので若干不安でしたが、すごくいいお話に仕上がっていてよかったです。

亜利沙の内面に触れてみて、少しでも亜利沙のことを好きになってくれるプロデューサーさんが増えてくれると嬉しいです。

亜利沙は可愛いなあ!

いまさらミリシタ1周年を振り返ってみる

f:id:nayuneko:20180802014103j:plain

ミリシタ1周年おめでとう!(1ヶ月遅れ)

 

6月29日にミリシタはサービス開始1周年を迎え、ゲーム内イベントはもちろんのこと、アキバの1周年記念フェスティバルなどのリアルも含めた様々な施策によって、これでもかってぐらい祝福され、盛況のうちに幕を閉じました。

 

いつからこんな大人気コンテンツに…?

一番感動したのは、アキバで開催された1周年記念フェスティバル。 

『ミリシタ』1周年記念フェスティバル!秋葉原で6/29より開催!!

期間中、秋葉原がミリオンライブ一色に染まり、どこに潜んでいたんだってぐらいミリオンライブのオタクが街に溢れかえり、いつからこんなに大人気コンテンツになっていたん…?と初期からミリオンライブを見守っていた自分も困惑するぐらいの盛り上がりでした。去年のぶどーかんが終わったらミリオンライブというコンテンツが幕を閉じるんじゃないかとにわかに思っていたのが嘘のよう。

f:id:nayuneko:20180802234058j:plain

まず秋葉原駅を電気街口から降りると、アトレがミリオンライブに染まっているのが目につく。しかも1周年期間中はゲーム内でもお仕事コミュの背景がアトレになっており、リアルとゲームのリンクが楽しめるのはミリシタのすごいところ。

f:id:nayuneko:20180802234452p:plain

アトレの特設物販売り場の商品棚も焼け野原。

f:id:nayuneko:20180803000913j:plain

 

ベルサール秋葉原で開催された1周年記念イベントの展示物の巨大ミリシタモニタ。この画面で好きなMV見たい。

f:id:nayuneko:20180802235239j:plain

 

アキバCOギャラリーも期間中はミリシタの特設展示場および物販会場に。

f:id:nayuneko:20180803000452j:plain

f:id:nayuneko:20180803001920j:plain

f:id:nayuneko:20180803001839j:plain

 

アニONカフェではミリシタコラボカフェが!しかも担当ユニットは「トゥインクルリズム」!!

f:id:nayuneko:20180803002129j:plain

f:id:nayuneko:20180803002205j:plain

 

阿鼻叫喚な1周年イベ

グリマスではお馴染みだった感動イベ、ミリシタではちょっと形式を変えて実施されました。しかしそれがどれだけのプロデューサーさんを苦しめたことか…。

グリマスはボーダー変動制で上位に入ったプレイヤーのみが報酬SRをもらえるシステムでしたが、ミリシタでは報酬SRは毎日簡単なノルマをこなせばもらえるすごく優しいシステムで、代わりに100位固定のボーダーに入ったプレイヤーが得られるものが称号という名誉*1にも関わらず、特に人気のアイドルちゃんは競争率も高く*2、空き時間のリソースをすべてミリシタに回し、オートライブPASSを人権と呼び、運営ちゃんに「参りました」と言わせ、イベント終了後に一部プレイヤーから「1周年を二度と迎えないで欲しい」とまで言わしめた、ランナーにとっては地獄のようなイベントでした。

自分はそこまで辛い思いをしなかったけど、2週間はやっぱ長かった。

f:id:nayuneko:20180802232607p:plain

 

ミリシタサービスした開始当初はお世辞にもレスポンスがよくなく、ちょっとしたことで端末が発熱し、曲の追加ペースも遅く、まともなイベントが1ヶ月なく、ガシャの天井なし。自分の好きなSSRが選べる施策も割と早い段階できていて、不安が多かった中、ここまで持ち直したのは開発チームの愛ゆえだと思います。

 

ありがとうミリオンライブ !これからもよろしく。

*1:枠が虹色になり、たまに光るだけというゲームの進行に全く影響がない、知っている人にちょっとイキれるぐらいのもの

*2:※ちなみに自分がメインで担当している松田亜利沙ちゃんはすごく平和でした。